カテゴリ

2009年10月04日

無題

先月の23日。
S&Sのコンサートの前に、ある方のおうちに少しだけお邪魔しました。

その方のお父さんとお話しました。


「今日は誰のコンサートだって?」
「佐藤竹善さんっていう青森出身の方と、塩谷さんっていうピアニストの方のコンサートです」
「そうか。若いうちはやりたいことバンバンやった方がいいぞ(^^)」
久々に、お父さんのにっこり微笑んだお顔を見た気がしました。


お母さんが、十五夜の為に買っておいた、西瓜を出してくださいました。

「季節外れだから美味しくないよ。塩つけて食べなさい。」と。お父さんがおっしゃってくれて。
「若い人なんだから、塩なんかつけないでしょ。無理してかけさせなくたっていいから」と、お母さん。
「塩つけたほうが美味しいから、かけてあげなさい。」
「いいから〜好きに食べさせなさいって!」

そのやりとりが面白くて、あたしは塩をかけていただきました。




そして、十五夜の昨日、お父さんは天に召されて逝きました。




ちょこちょこお見舞いに行かせてもらい、会うたびにお父さんは痩せていき。23日にはガリガリになっておりました。
体調はかなり悪くなってるとはきいていましたが、それでもその日、あたしとお父さんで、二人で西瓜を食べたんです。まだ一週間ちょっとしか経ってないのに。




病院で眠るお父さんにかけてある毛布が、どうしても動いているようにしか見えなくて。




7月7日にここで願った想いは、とうとう叶いませんでした。





暫く、記事を書くのをやめようと思っていたのですが。
書かないと、気持ちの切り替えがうまくできないと思い。
頭の中を整理するためにも、文字にすることにしました。

昔は、知り合いが亡くなってすぐ後に友達の妊娠報告を貰って、気持ちの整理ができなくて、友達に「おめでとう」を言うまでに一週間かかったりしたこともありましたが。今回はそういう状況でないのです・・・。



先週の金曜日。マイミク夫婦の第二子の出産祝いに伺いました。
ほかにも久々に会ったマイミクさんたちと、健やかに育っているお子ちゃまたちに、ハッピーなパワーをたくさん貰いました。

昨日。パソコンにウイルスバスターを入れてもらったりいろいろ施して貰ってる最中に、訃報を受け。病院に駆けつけました。そのまま、自宅までついて行き、お線香をあげてきました。

今日。市民歯科健康講座に行き、午後は父の運転で姉達が入院している五所川原へ。明日退院したその足でうちに来て。暫く暮らします。母子ともに健康で(姉はまだ痛がっておりますが)、今日も元気に泣き、ミルクを飲み、すやすやと眠っておりました。

明後日、火曜日。久々にサヴァイの練習です。

水曜日、お通夜に行きます。

木曜日、葬式に出席できない代わりに、夜に焼香しに行くつもりです。

日曜日、小学校からの友達の結婚式に出席します。
友人代表のスピーチまで頼まれているので、考えなくては・・・。




・・・・・・・どう気持ちを整理つけたらいいんでしょうか。




posted by まよ at 20:52| 青森 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | おもったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それが人生、人の生きる道です。

Posted by りぅ at 2009年10月04日 22:09
女優・まよになりましょう☆

前の日の事は忘れ、翌日の事を考えず
その日はその日の役に徹しましょう。
Posted by Anny at 2009年10月04日 22:28
出会いがあれば、別れがあり
始まりがあれば、終りがある…
生まれて来る命があれば、灯が消える命もある…

そうやって年を重ねていく…

その時々に頭の中を整理していかなくてはいけなくて…悩んだり、苦しんだりしますよね〜

泣きたい時に泣いて、笑いたい時に笑えたら1番いいんでしょうけど…

でもひとつ言える事は今をしっかり生きる事なんでしょうね〜
そうする事で未来を創造し、過去を振り返れる。

なんか励ましの言葉書こうと思ったのに意味不明ですね(^_^メ)

すいません(^_^メ)
Posted by ちくげん at 2009年10月05日 00:14
激動の日々ですね。
生と死を考えろと言っているのは??

今考えると、自分も4年前に友を亡くした時いろんな事を考えさせられました。

まよちゃんもそういう時期だということです!!
Posted by kouichi at 2009年10月08日 05:42
りぅさんへ

人の生きる道は、試練の連続ですね。


Annyさんへ

こないだのサヴァイのときは、女優になれていたかなあ。
ありがとう。うまく切り替えられるように頑張るね。


ちくげんさんへ

お気持ちがとってもありがたいです。
今をしっかり生きることが、周りの人たちへの恩返しにもなるんだなあと最近実感しています。


Kouichiさんへ

生というものを、死というものを、こんなに考えさせられた事はないっていうくらい、中身の濃い一週間でした。
Kouichiさんの結婚式を思い出しました。気丈な姿は胸を締め付けられる思いで、涙が溢れて止まりませんでした。
悲しみを受け入れて前に進んでいく人は、やっぱり愛情深くて強いなと感じました。

Posted by まよ at 2009年10月12日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。